Contents
〒683-0826
鳥取県米子市西町6番地
TEL.0859-32-7711(代表)
FAX.0859-23-3863
info@takashima-hp.or.jp


トップページ > ガンマナイフセンター

ガンマナイフセンター

ごあいさつ

高島病院ガンマナイフセンター
岡本 久代
 平成12年7月にガンマナイフ治療を開始してから7年あまり経ちました。山陰地域の皆様そして先生方のご理解とご協力によりまして、多くの患者様の治療を経験させていただきました。私自身もまだまだ不十分ながらも知識・技術を蓄えることができ、深謝致します。患者様の状況は、個人個人で全く異なります。脳の病気の種類のみならず、その大きさや存在部位、さらに全身状態、家庭環境など、同一の人は絶対にいないわけですから、ひとまとめにせず、各人にあった治療を心掛けねばなりません。そのためには、より多くの症例を経験しそれを生かすことが重要であると痛感しております。
ガンマナイフ装置 この度、ガンマナイフ装置の更新、および、線源であるコバルトの入れ替えを行いました。そのため、より短時間で治療可能となり、また他施設で撮影された画像の使用も可能となりました。これらは患者様にとって非常に有益なことです。これまでは、長時間の治療のため2日間にわたっての治療が必要だった方でも1日で終わることが可能となり、より適応が広がりました。
 ただし、ガンマナイフも万能ではありません。脳梗塞や頸椎疾患などには対応できません。また脳腫瘍であっても3センチを超える大きな病変では、症状の速やかな改善のために開頭手術の方が適する場合や、ガンマナイフ治療だと症状増悪の危険性が高かったり、有効性がほとんど期待できない場合もあります。現在、ガンマナイフ以外にも多くの定位的放射線治療機器が開発され使用可能になってきました。大きな病変では、これらの機器で主に対応することになるでしょう。しかし、小病変では単発性、多発性を問わず、やはりガンマナイフ治療が圧倒的に有利です。これからは、病変の状態と患者様の状況に応じた最適な機器での治療が勧められるようになり、個々の機器での治療適応がより限定されてくると思います。治療選択肢が増えてきた状況ですから、なおさら、患者様に対して最大の効果を上げるように、最適な手段で治療を行うことが重要と考えております。
 今後ともご指導、ご鞭撻たまわりますようよろしくお願い申し上げます。

<画期的な放射線治療、ガンマナイフとは>

ガンマナイフ治療は、スウェーデンのカロリンスカ研究所で考案された放射線治療で、スウェーデンでは20年以上治療経験があります。
 今までのように開頭手術を行うことなく脳腫瘍や脳動静脈奇形などの治療ができるようになり、患者様の苦悩や負担が大幅に軽減され、安全に短期間に治療を行うことができます。
脳神経外科の治療方法としては画期的な治療法で、日本でも1996年より健康保険が適用となりました。


ガンマナイフ治療の原理
治療装置は、装置本体のヘルメットの201個の放射口よりガンマ線が照射されます。1本1本のガンマ線量は少ないため、頭を貫通するときに正常な脳組織あるいは血管などには障害を与えませんが、ガンマ線が集中したごく狭い範囲にのみ、強力なエネルギーが発生し、病巣を破壊することができ脳腫瘍や脳動静脈奇形の治療が行えます。また、これまでは手術が困難とされていた脳深部の病巣にも適用できる治療法です。

ガンマナイフ治療の正確・安全性
照射範囲の設定はMRI・CTスキャン、病気によっては脳血管撮影の検査をもとにコンピューターで病巣の範囲を正確に確認し治療計画を作成します。周囲の正常な組織には影響を与えることなく治療が行えます。照射の誤差は0.3mm以内と小さく、副作用も極めて少なくなります。

特徴

従来の脳神経外科手術に比べ多大な恩恵をもたらします。
●二泊三日の入院で、日常生活復帰

合併症からの回避

脳外科手術で問題となる感染症や麻酔などの合併・続発症の危険性がほとんどありません。通常の手術では危険を伴う方、余病のある方、年齢的に不安な方も安心して治療いただ けます。
入院期間
《入院は原則的に3日間です》
●病気の種類や大きさによっては、1、2日治療期間が延びることがあります。
入院期間の短縮

ガンマナイフ治療による平均入院期間は3日間です。術創の消毒やリハビリ等の必要もなく、退院後すぐに通常の生活に戻ることが可能です。
深部の病巣にも対応

脳外科手術では到達が困難な深い場所の腫瘍や後遺症が心配される場所の治療も出来るようになりました。
医療費負担減

治療には健康保険が適用され、さらに脳外科手術で必要な術後の回復期の入院が不要なため、多くの経費を節減することが出来ます。

治療方法過程

朝8時30分より頭皮の4ヵ所に局所麻酔を行い、フレーム(固定枠)の取り付けを行います。
約10分前後で終わります。

フレームを付けたままでMRI、CT撮影を行います。大体10時頃までには終わります。血管性病変の方には脳血管撮影を行いますので、12時頃までかかることもあります。


マルチスライスCTスキャンによりスピーディで正確な検査が可能です。


コンピューター処理された血管像をリアルタイムで見ることが出来ます。


GE製1.5TのHiSpeedにより高水準の情報と診断が可能です。

撮影終了後、患者様は病室にて休息いただきます。この間、撮影された画像をもとに、病巣の位置、個数、体積を正確に測定し、病巣部への照射範囲、照射線量を計画します。正常脳、脳神経や眼球などへの線量も計算し、照射計画の安全性を確認します。

開始時間は、症例により午前または午後からとなります。 照射中は痛み、違和感等ありませんので、お好きな音楽を聴きながらリラックス状態で治療が受けられます。また、患者様とはマイクで話もできますし、モニターカメラで治療中の様子も監視しています。


照射治療終了後すぐにフレームの除去を行い、ガンマナイフ治療が終了です。患者様は病室にて食事が摂れます。安静にしていただき、翌日退院です。

ガンマナイフの有効性

めざましい回復 治療症例

治療前 治療後
脳動静脈奇形
脳動静脈奇形(矢印)がほぼ消失しております。

治療前 3年後
聴神経鞘腫
治療前
2年後

治療前 4ヶ月後
転移性脳腫瘍
治療前 4ヶ月後

ガンマナイフ治療の対象となる疾患
脳血管障害では脳動静脈奇形が中心になりますが、脳腫瘍では数多くの良性脳腫瘍と転移性脳腫瘍などの悪性脳腫瘍が対象となります。
※ガンマナイフにするか、開頭手術にするかの最終決定は、病変の大きさ、部位などにより、脳神経外科スタッフで慎重に検討協議した上で行います。
そのため、患者様によっては従来の脳神経外科手術をおすすめする場合もあります。
国内ガンマナイフ治療症例総数
ガンマナイフ治療の現状
2007年12月31日現在国内の51施設で治療を行っており、国内の症例総数は11万6千例に達し、世界でも2006年12月末の時点で39万7千症例のガンマナイフ治療が行われています。
日本国内ガンマナイフ治療症例数推移(症例群別)

ご相談または、受診の予約について

高島病院ガンマナイフセンター 治療担当医 岡本久代
1.電話にて
直通電話  0859-32-7000
受付時間  月~金曜日  9:00~16:30
 土曜日  9:00~11:30
 患者様のおおまかな状況を教えていただきます。適応がありそうなら、患者様とご家族に画像持参の上、当院受診していただきます。受診日については、その時に決めたいと思います。
 受診された際、ガンマナイフの適応があり、患者様とご家族の同意が得られれば、治療日の予約をします。
 なお、患者様の状態により、例えば麻痺などがあり、当院受診が困難な場合は、ご家族の方のみで結構です。また、治療の際も送迎いたします。

2.E-mailにて
メールアドレス tksm@infosakyu.ne.jp
 患者様のおおまかな状況を教えていただきます。メールにMRIやCT写真を添付いただきますと、より助かります。適応がありそうなら、患者様とご家族に、当院受診していただきます。受診日については、その時にメールにて返事いたします。

3.FAXにて
FAX番号  0859-23-3863
受付時間  月~金曜日  9:00~16:30
 土曜日  9:00~11:30
 患者様のおおまかな状況を教えていただきます。適応がありそうなら、患者様とご家族に画像持参の上、当院受診していただきます。受信日については、その時に電話かFAXにて返事いたします。

また、最初の当院受診の場合も、前もって電話等でご相談いただけましたら、ご都合の良い日時を、決めさせて頂きます。  

お申し込み・お問合せ先

高島病院
ガンマナイフセンター

Takashima Gamma Knife Center
■受 付/月~金曜日
      土曜日
9:00~17:00
9:00~12:00
■電 話/0859-32-7000(直通)
■ガンマナイフセンターについてのお問合せ
  E-mail/tksm@infosakyu.ne.jp
  ガンマナイフ担当医
    センター長(脳神経外科医長) 岡本 久代

〒683-0826 鳥取県米子市西町6番地
TEL 0859-32-7711(代表) FAX 0859-23-3863